アジアカップの余韻(余韻?)も覚めやらぬ小春日和ですが、明日(2/5)から早くもACL(予選含む)がはじまります。今年は今までと違い日本から2チームがプレイオフからのスタートになります。

過去のプレイオフの実績を振り返って確認してみます。

条件的には、

  • 今のフォーマット(ランク一位でもストレートイン最大三枠)になった2015年から
  • 東地区のみ

です。ほらいろいろめんどくさいじゃない。

で、まず今年のプレイオフはこうなってます。分析しやすいように、チーム名は国(協会)名に置き換えてあります。

用語的に、

  • ここで行われる一連の試合(勝ち抜けばACLグループステージ出場)はACLプレイオフ(AFC Champions League qualifying play-offs)と呼ばれます
  • 勝てばグループステージの試合(韓国・中国・日本はここから)はプレイオフラウンド(Play-off round)
  • 勝てばプレイオフラウンドに上がれる試合は予選二回戦(Preliminary round 2)
  • フィリピン/ミャンマー/シンガポール/インドネシアは予選一回戦(Preliminary round 1)からとなります。

で、過去四回の実績。(EXは延長決着、PSOはペナルティーマックからのキックによる決着)

西は中立地開催があったりしますが、東は全てランキング上位のホームです。

意外と延長が多く、ビジターチームの勝ち抜けもあります。

2018年はプレイオフステージから出場の4チームが全て90分で勝っていますが、逆にこれ以外は全て(と言っても中国と豪州の間だけなんですが)何らかの波乱(波乱というか)が起こっています。

勝ち負けだけで言うと、

ホーム:30勝(PSO二つ、EX四つ)

ビジター:8勝(PSO三つ)

一発勝負、季節が全然違う地域、開幕前もあればシーズン中のところもある。

まあこれで広島は有利だの鹿島はどうのってのはないでしょ、まあサッカーなんてそんなもんでしょ。

 

これまで四年連続四回プレイオフ生観戦のミネ月ですが、今年は悩ましいですねー。

広島vチェンライユナイテッドならまあ行くかもなあだけども遠い。いや鹿島も遠い。どっちにしろ同日開催ですのでどちらかは見られません。

 




2019ACLプレイオフを分析したつもりになってるふり

ミネ月


人造人間まぼイダー/原作ミネノ月章太郎 良心回路と服従回路の狭間で揺れる想いを歌にのせて車は南へと走る。 ときよそっと流れて。 まあ普通の情報はここにはないです。


投稿ナビゲーション