Entry Manual for AFC Club Competitions (2021 edition)

AFCが現在公開しているこのマニュアルが唯一無二の解となります。

なりますが、AFCは現時点で「2016年-2019年の成績で2021年/2022年の出場枠を決める」とは名言していません。

(今まではこのエントリーマニュアルに名言されていました)

しかし、過去の実績と他の協会の動きを見る限り、2016年-2019年の累計成績で、つまり日本は東アジアで中国に次ぐ二位の成績で、3+1(ストレートイン:3、プレイオフ1)の枠が与えられることになると思います。以下、それを前提に書きます。

◆東アジア二位:3+1の出場枠

上記マニュアルの9.1項にまとめられています。

9.1.1. winner of the domestic top division league;

一番目は日本のトップディジョンリーグ、つまりJ1優勝クラブ。川崎がこのまま優勝するのが濃厚だと思われるが、さて。

当然、ストレートインです。

9.1.2. winner of the domestic cup;

今までは、「winner of the national knock-out cup;」でしたが、今回から少しソフトな表現に変わりました。

基本的には天皇杯優勝クラブです。今年の天皇杯は新型コロナの影響もあり、J1からは一位二位、つまりJ1からはACLストレートイン枠を確保したクラブのみ参加ということになります。

ですので、J1のどちらかが優勝した場合はストレートインが被りますので枠の繰り上がりがあります。(ここは少々めんどくさい新規要素があるので下記参照)

エントリーマニュアルには、「国内に複数のカップ戦が存在する場合はどのカップ戦勝者をAFCの大会に送り込むのか各協会が指定する」とあります。今まで通り、JFAは日本選手権である天皇杯を指定しています。

仮に、ですが、何らかのトラブルで天皇杯が中止になった場合、JFAが「ナビスコ(わかってる)勝者」を日本のカップ戦勝者(AFCはナショナルチャンピオンと呼びますかっこいいよね)として指名することも「規約上可能」です。指名しないことも可能です。

(※マレーシアは全国選手権であるFA杯が中止になったため、スーパーリーグ(1部)とプレミアリーグ(2部)上位によるいわゆるリーグカップのマレーシア杯勝者をAFCカップに派遣することを決定、AFCもこれを承認しています)

J1優勝と天皇杯優勝が被った場合はこの枠は無くなり、三番目以下が繰り上がります。

J1/J2ライセンスを持たないクラブが優勝した場合は、この枠は無くなります。

参照:List of Licensed Clubs for the AFC Champions League 2020

9.1.3. runner-up of the domestic top division league;

J1二位クラブ。この枠までストレートインとなります。

天皇杯優勝と被った場合は。序列として上である天皇杯勝者として二番目の序列になり、三番目以下が繰り上がります。

J1優勝=天皇杯優勝

J2二位=天皇杯優勝

のどちらかの場合、この枠はJ1三位が繰り上がります。

9.1.4. third place of the domestic top division league;

(通常であれば)J1三位のクラブがプレイオフ(ホームで一勝すればグループステージ出場)出場権を得ます。(天皇杯との被りでJ1三位が繰り上がった場合はJ1四位)

しかし、2021年大会から、「前回大会優勝枠」が新設(復活というか)されました。

この枠は日本であれば3+1に+1される訳ではなく、3.2項の「一つの協会からの最大の出場数は4」が有効になります。

3.6項から3.20項まで詳しく規定されていますが、要約すると、

「ACL優勝クラブが自力で次の大会の出場枠(プレイオフ含む)を取得できなかった場合は、プレイオフ出場権が与えられる。その場合、その協会の一番下の権利を持つクラブと置き換え」

となっていますので、仮にマリノス・神戸・FC東京のいずれかがACLで優勝し、自力で出場権を掴めなかった場合(前者はビミョウ、後者は濃厚)、プレイオフ出場権が与えられます。その場合、J1三位、または繰り上がりのJ1四位のクラブのプレイオフ出場権はACL優勝クラブに譲渡されます。

規約をまじめに読む限りこうなります。Jリーグ公式でも三位はプレイオフ、NHKの実況も三位はプレイオフを連呼していますが、ミネ月が間違えているか、新しい規約を把握していないことになります。皆さん、どちらを信じます?

9.1.5. fourth place of the domestic top division league (only if there is no domestic cup applicable for Article 9.1.2).

五番目の序列。つまり、

・日本のクラブがACLで優勝しない、または優勝しても自力で出場権を得る

・J1一位/二位が天皇杯を獲る

・または天皇杯が中止になり、代理にナビスコ(わかってる)勝者が指名されない

・またはJ1/J2ライセンスを持たないクラブが天皇杯に優勝する

場合、

1)J1優勝

2)J1二位

(※どちらかが天皇杯獲る)

3)J1三位

の場合のみ発生する、J1四位のプレイオフの繰り上がりです。

大会の形式も大きく変わりますが、今回は出場権情報のみ。

いかがでしたでしょうか?




【ミネ月式】2021年ACL日本の出場枠をまとめます

ミネ月


人造人間まぼイダー/原作ミネノ月章太郎 良心回路と服従回路の狭間で揺れる想いを歌にのせて車は南へと走る。 ときよそっと流れて。 まあ普通の情報はここにはないです。


投稿ナビゲーション