• はじめに

2019年5月24日19:00現在、AFCからは「2021年と2022年のACLの出場枠」に関する公式情報はゼロです。そもそも2021年と2022年のカレンダーにはクラブの公式戦に関する記載は一文字もありません。現状の春秋(実質冬秋ですが)すら保証されてない状態です。

ランキングの算出も一部変更が入るアナウンス(JFA経由の非公式)はありますが、弊ブログをはじめ、いろいろランキングを算出してるサイトは、原則、

クラブ100%+代表0%

2016年-2019年の累計(算出方法は2014-2017を適用)

2019年ACL決勝(2019年11月)までが対象

でやってると思います。以下はそれによる数字なので、AFCが何かしら変更を行えば、当然、別の数字になります。なりますが、例えば、旧算出式でACLストレートイン枠を持つ協会が、新算出式では失う、みたいな大きくランキングが動く変更はないのではないかとミネ月は予想します。(そもそも次の枠を決める対象の大会が始まっているのに、目標が定まっていないのはいろいろ公平ではない感)

  • で今現在(2019年5月24日)のランキング

AFCカップの消化数が違うので架空の数字の上にあくまでも暫定ということになりますが、グループステージ突破ボーナス込みの東アジアのランキングは、

1 中国 67.617 /3+1+0
2 韓国 61.400 / 3+1+0
3 日本 60.250 / 2+2+0
4 *タイ 37.300 / 2+0+2
5 *豪州 29.800 / 1+0+1
6 フィリピン 23.263 / 1+0+1
7 *マレーシア 19.645 / 0+0+1
8 *シンガポール 19.388 / 0+0+1
9 ヴェトナム 16.000 / 0+0+1
10 北朝鮮 15.267 / 0+0+1
11 香港 13.533 / 0+0+1
12 *ミャンマー 9.295 / 0+0+1
13 インドネシア 8.700
14 *カンボジア 4.933
15 *マカオ 4.000
16 *ラオス 1.633
17 *モンゴル 0.200
18 台湾 0.000

(*は2019年不参加または敗退済)

3か2か、韓国と日本の差は縮まったね、六番目はフィリピンか…ってだけなら、パクリアフィリブロガーも、AFC公式だけ読んでイキってるあいつとかあいつでもできるわけですよ。

  • ここからがミネ月式の本気

試合が残ってってことは、ポイントの上積みがあるってことです。広島鹿島の直接対決もあるので、単純に足せば良い訳でもなく、AFCカップの悪夢のようなポイント制度もある訳です。

で、上記の数字に、実現可能なケースを想定した最高値は、

1 中国 67.617→80.367 /3+1+0
2 韓国 61.400→73.400 / 3+1+0
3 日本 60.250→72.250 / 2+2+0
4 *タイ 37.300 / 2+0+2
5 *豪州 29.800 / 1+0+1
6 フィリピン 23.263→29.268 / 1+0+1
7 *マレーシア 19.645 / 0+0+1
8 *シンガポール 19.388 / 0+0+1
9 ヴェトナム 16.000→23.395 / 0+0+1
10 北朝鮮 15.267→28.267 / 0+0+1
11 香港 13.533→18.758 / 0+0+1
12 *ミャンマー 9.295 / 0+0+1
13 インドネシア 8.700→14.705
14 *カンボジア 4.933
15 *マカオ 4.000
16 *ラオス 1.633
17 *モンゴル 0.200
18 台湾 0.000

残りの試合全部勝つ(直接対決も考慮)という割りと無茶な前提ではありますが、

韓国最大:73.400
日本最大:72.250
なので(ああ広島が失った0.15)これどうなるかわかんねえな。

あと、タイの四位(ストレートイン:2)と豪州の五位(ストレートイン:1)は(確定してないけど)確定。

北朝鮮(そもそもACLに出られるのかは置いといて)残り全勝でAFCカップ優勝すればストレートイン:1の六位をフィリピンと争える、ヴェトナム可能性としてはギリギリストレートイン有り。12位までがACLプレイオフ予選なので、インドネシアはもう一稼ぎしてミャンマーを抜けるか。

後編(プレイオフとグループステージの組合せ予想)に続く。




で、2021年/2022年のACLの出場枠はどうなるの?前編【済んだ事実を説明するだけって虚しいじゃん?】

ミネ月


人造人間まぼイダー/原作ミネノ月章太郎 良心回路と服従回路の狭間で揺れる想いを歌にのせて車は南へと走る。 ときよそっと流れて。 まあ普通の情報はここにはないです。


投稿ナビゲーション